メインイメージ

私たちの身体とアラキドン酸

アラキドン酸は、私たちの記憶など知力を支えるために重要な栄養成分です。
国際的にも認められた成分であり、最近では赤ちゃん用のミルクにアラキドン酸を配合している商品も増えてきており、また積極的に摂取することで高齢者の脳の活性化にも効果があるということも判明しています。
このアラキドン酸は、脳の細胞膜を構成するために必要な成分であり、脳の情報伝達を円滑にするために、脳細胞膜を柔軟にする効果があります。

アラキドン酸を体内で作り出すことは難しく、特に赤ちゃんや加齢した高齢者はとても難しいため、積極的に摂取することが必要なのです。
赤ちゃんが摂取する母乳には、もともとアラキドン酸が含まれています。
また、前述したように最近の粉ミルクにはアラキドン酸が配合されたものが販売されているため、母乳育児でなくてもそういったものを活用すれば大丈夫です。

高齢者は、食品から摂取する必要があるのですが、アラキドン酸は豚や牛のレバー、卵など少数の食材にしか含まれていないため、毎日摂取することは困難です。
また、これらの食材にはコレステロールも多く含まれているため、過剰摂取することで健康を阻害する可能性もあります。
ですから、効率良くアラキドン酸を摂取することができる、サプリメントを活用することをオススメします。
サプリメントであれば、毎日手軽に必要な成分を摂取することができますし、継続しやすいでしょう。
脳に良いとされている、その他のオメガ6系脂肪酸も含まれているサプリメントを選べば、より効果も実感できることでしょう。

トップに戻る