メインイメージ

ホスホリパーゼとアラキドン酸

アラキドン酸は免疫機能を調整する働きを持っていますが、この働きの中で重要な働きをするのがホスホリパーゼという物質です。
ホスホリパーゼはリン脂質を加水分解する酵素を総称するもので、このホスホリパーゼがある事でアラキドン酸の免疫機能調整の働きが生まれるのです。

アラキドン酸は細胞膜に含まれています。
細胞膜内のアラキドン酸にホスホリパーゼが働きかけを行い切り出されます。
次にシクロオキシゲナーゼという酵素が働きかけこれによって生体調整ホルモンの一種であり、免疫機能調整効果を持つプロスタグランジンが生まれます。
つまりアラキドン酸を材料にプロスタグランジンが作られるという事です。

このプロスタグランジンが正しく働けば、血液の中のコレステロールを減少させるという効果も出てきますので、アラキドン酸とホスホリパーゼの関係によってプロスタグランジンが生合成されるという事は、とても需要な事なのです。
様々な部分で有用な働きをするアラキドン酸は体内で合成されるものですが、この成分が体内に少なくなってしまう事で、様々な働きが減少することになります。
常に正常な量が体内に存在するように、食品などからしっかり摂取する事が必要です。
通常、普通の食事をしていれば不足しませんが、不足した場合、記憶力低下などが出てきますので、適切な量を摂取する事が必要です。


トップに戻る