メインイメージ

オメガ脂肪酸とは

私たちが健康な身体を維持するのに重要なのは、三大栄養素と言われる糖質・脂質・タンパク質に加えて、色々な種類のビタミンやミネラルをバランス良くとることが必要だとされています。
実はこれは、脳にも同じことが言われています。
その中でも、脳の成分は水分を除くと60%が脂質で構成されているために、脳の健康を考えるのであれば、脂質の摂り方が重要であるとされています。

脂質には、実は様々な種類が存在します。
その中でも、必須脂肪酸と呼ばれる、私たちが体内で作り出すことができない脂質が、特に私たちが意識的に摂取しなければならない脂質であると言われています。
必須脂肪酸の代表として、オメガ6系脂肪酸であるアラキドン酸(ARA)、オメガ3系脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)がありますが、これらは脳のために特に意識的に摂取すると良いとされています。

これら3種類のオメガ6系脂肪酸は、体中に存在しているのですが、特にに多く存在しており、脳の働きを支えてくれています。
アラキドン酸は、考えたり学んだりといった、学習や記憶に関係しています。
ドコサヘキサエン酸は、知力に関わりがあるとされていますが、脳以外にも体中で様々な働きをしています。

エイコサペンタエン酸は、気力といった気持ちに関わる面で重要な役割を果たしています。
アラキドン酸、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸どれも脳にとっては重要な成分なのですが、加齢とともに減少していってしまいます。
そのため、私たちは積極的にこれらの成分を食事で補う必要があるのです。

トップに戻る