メインイメージ

オレイン酸とアラキドン酸

不飽和脂肪酸には種類があり、多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸があります。
このうち、多価不飽和脂肪酸はω-6系とω-3系に分かれています。
ω-6系の多価不飽和脂肪酸というと、アラキドン酸が有名です。
アラキドン酸は肉類などから摂取しますが、植物志望であるひまわり油、ベニバナ油などは体内でアラキドン酸となります。

ω-3系の多価不飽和脂肪酸には、ドコサヘキサエン酸「DHA」、エイコタペンタエン酸「EPA」が有名です。
動脈硬化を抑制する等、健康効果が高い脂肪酸として知られています。
これら多価不飽和脂肪酸のほかに、一価不飽和脂肪酸があります。
一価不飽和脂肪酸では、オリーブ油が代表格です。
動脈硬化の抑制、LDLコレステロールを下げるなど健康効果を持っています。
この一価不飽和脂肪酸を、ω-9系といいます。

不飽和というのは分子内に二重結合、若しくは三重結合を含んでいる脂肪酸です。
体内で合成できる脂肪酸はオレイン酸までで、リノール酸やリノレン酸、アラキドン酸などの多価不飽和脂肪酸は、体内で合成できないため、必須脂肪酸、つまり、食品類から摂取しなければならないとされるのです。
オレイン酸の場合、一価不飽和脂肪酸なので、人の体内で合成する事が可能であり、主にエネルギー源として利用される脂肪酸なので、アラキドン酸とは質の違うということが理解できます。


トップに戻る