メインイメージ

ナッツにはアラキドン酸が多い

アラキドン酸は脳の働きを活性化し、記憶力向上や集中力向上に一役買ってくれる成分として今注目が集まっています。
大人で普通に食事している分には、現代日本人の食事において、アラキドン酸が不足するという事は考えにくいのですが、強固な食事制限をしているダイエット中の方、年齢を重ねて食が細くなっている方、肉食を避けている方、また乳幼児などにとって、アラキドン酸を補う事は必要不可欠なことです。

アラキドン酸は不飽和脂肪酸の中でも、多価不飽和脂肪酸であり、体内合成できない必須脂肪酸なので、食品類から摂取することになりますが、アラキドン酸が豊富なのは肉類です。
肉類のほかにも、乳製品やナッツ類にも豊富です。
身体にいい効果を与える不飽和脂肪酸を積極的に摂取するのはいいことなのですが、アラキドン酸の働きを知ると気を付けておくべきこともわかってきます。

ナッツ類などはアラキドン酸が豊富なので、ω-6系です。
このω-6系はアラキドン酸カスケードの中で炎症、痛みに関わっているため、摂取しすぎると傷みを感じやすい、炎症を起こしやすい体になります。
もし、年齢を重ねて血管に炎症等が起こっている場合、これを助長する働きとなってしまうのです。
そこでω-3系の不飽和脂肪酸の出番です。
ω-3系の不飽和脂肪酸は、炎症をいやすという働きがあるため、ω-6とω-3の不飽和脂肪酸は共に摂取した方がいいのです。

アラキドン酸はω-6、ω-3といえばDHA、EPAがあります。
ナッツ類はω-6系なので、ナッツ類を摂取する際にはDHA、EPAが豊富な青魚などを共に摂取すると炎症や痛みなどの心配なく、脳の健康にもいい成分を摂取できるという事になります。


トップに戻る