メインイメージ

情報の理解度はアラキドン酸サプリで上がる?

記憶力、集中力を向上させる、免疫力を向上させる、さらにはコレステロールを減少させるという効果が期待される成分「アラキドン酸」は、特に脳の細胞に多く存在していることがわかっています。
体内の細胞内、細胞膜のリン脂質という部分に存在していますが、脳内では海馬という部分に多く存在しているほか、脳内で脳細胞の情報伝達に深くかかわっている物質です。

物事を理解する時、まずは情報を得ることが必要です。
情報を得てからその情報が脳内を駆け巡り、情報に対して理解、記憶していくのです。
情報伝達には神経回路、つまり脳内のネットワークがしっかり通じていることが必要であり、どのネットワークを電気信号が伝わっていくことで情報が伝達され、理解、記憶していきます。

この情報伝達、記憶、理解それぞれに、アラキドン酸がかかわっています。
情報を伝達する、記憶する、理解するという事には神経細胞が利用されますが、細胞膜が柔軟でなければ情報を処理する事が出来ません。
アラキドン酸は細胞膜に存在し、細胞膜を柔軟にするという働きがあるため、情報の伝達、また理解度を深めるために一役買っているのです。
肉類などに多く含まれる成分ですが、不足が考えられる場合には、アラキドン酸サプリなどを活用し、必要量が常に体内にある様に心がけていきましょう。

トップに戻る