メインイメージ

コーン油使用でアラキドン酸を摂取したことになる?

アラキドン酸は記憶や集中力などを向上させる、免疫力をアップする等、私たちが健康に元気に年齢を重ねていく上で欠かせない物質であり、また乳幼児の脳の発達にも欠かせないという事がわかっています。
このアラキドン酸はω-6系の多価不飽和脂肪酸で、体内で合成する事が出来ない必須脂肪酸であることから、食品から摂取する事が欠かせません。

ω-6系というと、コーン油なども同じω-6のリノール酸類です。
という事は、コーン油を摂取すればアラキドン酸を摂取することになるのでしょうか。
確かに、コーン油などのリノール酸を体内に摂取すると、アラキドン酸が合成されますが、種類によってはこの合成能力が弱く、十分摂取する事が出来ないといわれています。

やはり、アラキドン酸を必要量摂取するには、肉類などからしっかり摂取する事が理想的です。
コーン油などの油脂を大量に利用するのは、カロリーオーバーとなりますし、生活習慣病にも密接に関係しています。
また、肉類などの摂取が多い方は、アラキドン酸の過剰摂取となりアレルギーなどを進行させることにもなりますので、その抑制力のあるω-3系のドコサヘキサエン酸、エイコタペンタエン酸などが豊富な青魚ども積極的に摂取していくべきです。
最近はω-3系のサプリメントなども販売されていますので、アラキドン酸などω-6系の食品を摂取する時補っていくと、バランスが良くなりアレルギーなどを引き起こさない状態にしてくれるでしょう。

トップに戻る