メインイメージ

コレステロールが気になる人にアラキドン酸サプリ

アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸の一種です。
脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
飽和脂肪酸は血中コレステロールを増やしたり、中性脂肪を増やすなどマイナスの働きが多いため、特に中高年層は摂り過ぎにならないように注意が必要です。

不飽和脂肪酸は、オリーブオイルなどに多く含まれるオレイン酸を代表とする一価不飽和脂肪酸、アラキドン酸やエイコタペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などで知られる多価不飽和脂肪酸があります。
このうち、アラキドン酸はω-6系、エイコタペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸はω-3系に分けられます。

一価不飽和脂肪酸も多価不飽和脂肪酸と比較して酸化しにくいという特徴がありますが、コレステロール減少などの効果に関しては、多価不飽和脂肪酸の方がより強力です。
多価不飽和脂肪酸は血液内のコレステロールを減少させるという効果に加えて、血圧を下げる、血糖値を下げる、血栓抑制の働きがあるなど様々な働きがあります。

アラキドン酸は脳の情報伝達機能を向上させ記憶力や集中力アップにつながるとして有名ですが、コレステロールが気になる方にも有用な働きをする成分です。
体内の細胞膜に存在しているのですが、年齢と共に体内量が減少していくという事がわかっています。
コレステロールや高血圧などにアラキドン酸の働きを利用したいという方で、体内量が不足状態と考えられる方は、サプリ等から摂取していくことを考えていきましょう。


トップに戻る