メインイメージ

猫にとってアラキドン酸は必要な栄養素?

今日本は空前のペットブームといわれています。
様々なペットが飼われていますが、中でも猫は癒しを与えてくれると人気があります。
ワンちゃんのようにお散歩の必要もないですし、気ままなところもあるけれど少し距離を置いて傍に入れてくれる猫が大好きという方も多いでしょう。

最近健康ブームに乗り、アラキドン酸も注目されています。
脳の細胞膜に存在するこの物質は記憶する力や集中力を高める力をアップする物質であり、免疫力強化の働きも持っているという事で、高齢化が進む日本において、大注目の成分です。

実はこのアラキドン酸、猫にとっては重要な栄養素なんです。
猫は肉食です。
質、量ともに高いタンパク質をしっかり摂取させなければなりません。
肉類や魚類に含まれているω-6系の脂肪酸の中でも、アラキドン酸、リノール酸は猫にとって重要です。
哺乳類の多くが、体内にリノール酸を摂取し、それをアラキドン酸として合成する事が出来ますが、猫はアラキドン酸を合成する力がとても弱いのです。

肉類、魚類からω-6系の脂肪酸をしっかり摂取しておかないと繁殖機能や血液凝固、皮膚被毛などに影響を与えてしまうため、猫の健康を大きく壊してしまう可能性もあるのです。
ω-3系の脂肪酸が豊富な魚類、ω-6系の脂肪酸が豊富な肉類などの良質なたんぱく質をしっかり食べさせてあげてください。

トップに戻る