メインイメージ

缶詰の魚にも多いアラキドン酸

アラキドン酸は肉類、レバー、魚介、卵などに多く含まれ、脳細胞の機能向上に欠かせない成分として注目されています。
ω-6系の多価不飽和脂肪酸です。
普通に食事をしていれば不足するという事はありませんが、乳児は母乳や人工乳などから摂取していくことが必須ですし、高齢になると体内の量が減少していくため、不足しがちとなります。
そのため、食品から意識して摂取するようにしていくことが必要です。

ただ高齢者の多くが、肉類の摂取が少ないですし、好んで食べたがりません。
また核家族化が進み魚なども少量買ってくるのではもったいないからと摂取量も少なくなっているようです。
一人暮らしとなると1食をパンで済ませてしまったり、おにぎりで終わらせてしまうという事もあるようです。
でもこれでは脳細胞に必要なアラキドン酸が摂取できず、痴呆やアルツハイマーなどのリスクも高くなります。

そこでお勧めなのが、魚の缶詰です。
すでに調理済みのかつお缶や、鯖の味噌煮缶、まいわしのトマト漬けやさんまの缶詰など、様々なものがあります。
いずれも130mgくらいから350mgものアラキドン酸が含まれています。
缶詰なら頂くのに手間がかかりませんし、調理にも利用できます。
魚の缶詰にはアラキドン酸のほかにも、ドコサヘキサエン酸やエイコタペンタエン酸などの高齢の方に摂取してほしい有用な栄養素が含まれていますので、生活の中に活かしていきましょう。

トップに戻る