メインイメージ

脳の柔軟性とアラキドン酸サプリ

体内のいたる所に存在しているアラキドン酸ですが、特に脳や肝臓などに多く存在していることがわかっています。
特に脳の細胞では、脳の神経細胞の主成分であり、脳の情報伝達に深い関係があります。

人間の脳は3歳までに発達のピークを迎え、その後脳細胞は新生を行うことなく死滅していくのだと考えられていました。
でも近年の研究によって大人になってからも神経新生が起こっていることがわかり、この神経新生にもアラキドン酸が不可欠であるということが判明しています。

私たちが何かを考えたり、情報を受け取ったりすると脳内では、脳の神経細胞間で情報伝達物質が放出されます。
この物質を神経細胞が受け取り情報伝達がスムーズに行われるのですが、そのためには脳の神経細胞が柔軟である必要があります。
アラキドン酸はこの脳細胞の細胞膜を柔らかくするという働きを持っているため、情報伝達をよりスムーズにしてくれているのです。

年齢を重ねるとアラキドン酸の体内量が減少します。
脳内の細胞膜に存在するアラキドン酸が不足すると情報伝達がうまくいかず、記憶力や集中力などに影響し、物忘れがひどくなったり物事に集中できなくなるといわれているのです。
アラキドン酸は脳を柔軟にしてくれる働きを持つ必要不可欠な物質なのです。

トップに戻る