メインイメージ

血液循環とアラキドン酸サプリ

アラキドン酸は脳の細胞に深く関与し、記憶力向上などの働きがあるとして注目されていますが、実は血液についても深く関係している成分なのです。
アラキドン酸はアラキドン酸カスケードの中で様々な物質を産生します。
その中に、プロスタグランジンという物質があります。

このプロスタグランジンという物質は、生体調整ホルモンと呼ばれるもので、ホルモンの調節を行う物質です。
プロスタグランジンが生成される際の材料となるのがアラキドン酸です。
このプロスタグランジンがコレステロールを下げるという働きを持っています。

生活習慣病予備軍の中にも血中コレステロールが多くなっている方がいますし、健康診断などでこの数値が高くなっていると指摘されている方も多いでしょう。
コレステロールが血液内に多くなると血液がどろどろになり、血栓を作りやすくなります。
動脈硬化になるリスクも高まりますので、コレステロール値を下げることが必要となりますが、そこに一役買ってくれるのがアラキドン酸から生成されるプロスタグランジンです。

アラキドン酸の体内量が正常で、しっかり働いてくれていれば、血液内のコレステロールを減少させ血液をサラサラにしてくれる効果があるのです。
体内量が減少する高齢の方は、体内量が不足しないように、アラキドン酸サプリ等で補っていくといいでしょう。

トップに戻る