メインイメージ

アラキドン酸とビタミンEの相性

不飽和脂肪酸は今、健康にいい効果を発揮してくれる脂肪酸として注目を集めています。
ω-3系脂肪酸のドコサヘキサエン酸、エイコタペンタエン酸、ω-6系脂肪酸には大注目のアラキドン酸、そしてリノール酸が含まれています。
ω-9系脂肪酸にはオレイン酸があります。
これらの不飽和脂肪酸の中でも、ω-3、ω-6系は私たちの健康に優れた効果を発揮するとして人気が高くなっているのです。

これらの不飽和脂肪酸の中でも、アラキドン酸、ドコサヘキサエン酸は体内で合成できない不飽和脂肪酸です。
ドコサヘキサエン酸は青魚に多く含まれており、アラキドン酸は肉類の中でも特にレバーに多く含まれています。
加齢とともに体内から少なくなっていく成分なので、肉類や魚類などもバランスよく食べていきたいものです。

こうした健康にいいとされる成分にも弱いところがあり、酸化しやすいという特徴があるのです。
アラキドン酸もドコサヘキサエン酸も体内で酸化しやすいという特徴があるため、抗酸化力の強い成分と共に摂取すると効果的なのです。

そこで、ビタミンEの出番です。
ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っているビタミンとして知られています。
アラキドン酸やドコサヘキサエン酸をビタミンEと共に摂取し、記憶力向上や免疫力向上、コレステロール減少などに役立てていきましょう。

トップに戻る