メインイメージ

アラキドン酸の属する不飽和脂肪酸の特徴は?

脂肪酸には飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸があります。
不飽和脂肪酸は料理でもよく利用するバター、またラードなどに含まれていて、高い温度で溶ける、常温で固体化するという特徴があるため、体内では固まりやすくなり、コレステロールや中性脂肪を増加させてしまいます。
動脈硬化などの要因ともなる脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は血液内の中性脂肪やコレステロールを調整するという働きがあり、そのうち、ω-6系であるアラキドン酸などが属する多価不飽和脂肪酸には、脳神経の発達、情報伝達機能の向上、さらに免疫機能調整の働きなどがあります。

ω-3系の多価不飽和脂肪酸にはドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸などが知られています。
血栓ができないように防いでくれるなどの働きがあり、動脈硬化予防につながる脂肪酸として注目されています。

ω-6系もω-3系も共に細胞膜に関係が深く、特にアラキドン酸は細胞膜のリン脂質に存在し、細胞膜を柔らかくするという働きがあるため、情報の電気信号をしっかり受け止め情報伝達機能を向上させます。
そのため、高齢化が進む日本において、痴呆の予防や改善などにアラキドン酸は効果を発揮する成分として注目されている成分です。

この他に一価不飽和脂肪酸があります。
オリーブ油などに多く含まれているオレイン酸が有名です。
一価不飽和脂肪酸も血栓予防や悪玉コレステロール減少に役立つ脂肪酸ですが、この力は多価不飽和脂肪酸の方が強いという特徴があります。

トップに戻る