メインイメージ

アラキドン酸とトロンボキサン

アラキドン酸カスケードによって代謝される物質の中にトロンボキサンがあります。
このトロンボキサンは血小板凝集、さらに血管壁収縮を引き起こす物質で、主にシクロオキシゲナーゼから算出されます。
トロンボキサン「TX」はアラキドン酸を骨格に持った化合物、誘導体であるエコノサイドの一種です。

トロンボキサンはTXA2、TXB2があります。
TXB2は、TXA2にH2Oが不可されることで生成されます。
TXA2は、血小板凝集、血管・気管支収縮などの作用を持っています。
喘息をお持ちの方が利用するお薬には、トロンボキサン合成酵素、TXA2の産生抑制を行うお薬や、トロンボキサンA2受容体を基質の結合を妨げる作用のお薬などがあります。

アラキドン酸の代謝物には、このトロンボキサン類とプロスタグランジン類、ロイコトリエン類などがあり、トロンボキサン類とプロスタグランジン類がシクロオキシゲナーゼによって代謝され、リポキシゲナーゼによってロイコトリエン類が代謝されます。
アラキドン酸から代謝されたそれぞれの代謝物が、シュシュの生理活性を持っています。

アラキドン酸はこうした産生、代謝に深くかかわる物質であり、また脳の機能向上や神経発達に関して必要不可欠な物質です。
アラキドン酸を摂取する際には、アラキドン酸とは別のω-3系の必須脂肪酸を摂取すると理想的です。

トップに戻る