メインイメージ

アラキドン酸のヒト合成

必須脂肪酸という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
アミノ酸類も体内で合成できないものを必須脂肪酸といいますが、ヒトの体内で合成する事が出来ない脂肪酸を必須脂肪酸といいます。
この中でアセチルCoAから合成されるものが、リノール酸、さらにリノール酸からγ-リノレン酸、γ-リノレン酸からジホモ-γ-リノレン酸、そしてジホモ-γ-リノレン酸からアラキドン酸が合成されます。

私達ヒト、つまり高等動物はオレイン酸からリノール酸、リノール酸からα-リノレン酸という様に体内で合成が出来ません。
リノール酸、α-リノレン酸については食品類から摂取する事が必要です。
リノール酸からはアラキドン酸が作られますが、生活活性物質であるプロスタグランジンなどを作り出すためにも、アラキドン酸が含まれる食品類を摂取することはとても重要な事となるのです。

ヒト合成が出来ないこれらの脂肪酸の代謝経路は、ω-6系、ω-3系に分かれており、ω-6系がリノール酸、ω-3系がα-リノレン酸です。
最近はメディアでも必須脂肪酸が取り上げられ、その健康効果が高く注目されていますが、これらの必須脂肪酸をバランスよく摂取する事が健康時につながります。
アラキドン酸を含むω-6系はコーン油や大豆油、ごま油など二多く含まれ、ω-3系はエゴマ油、亜麻仁油などに多く含まれています。

トップに戻る