メインイメージ

アラキドン酸サプリの過剰摂取で考えられる症状は

昔日本では魚、野菜、海藻類などの摂取が多く、肉類の摂取が少ないという特徴がありました。
でも現在は、食事が欧米化し、ほとんど毎日お肉を食べるという人も少なくないですし、ジャンクフードやファストフードなど、脂質が非常に多い食事を継続し、脂質過多となっている方も多くなっています。

肉類に多く含まれているというアラキドン酸ですが、実にこの50年で4倍もの摂取量となっているといわれています。
アラキドン酸はリノール酸を摂取することによって体内でアラキドン酸に変換されるということもあるため、肉類の摂取と共にリノール酸を多く摂取する現代の食生活では、この成分が不足するということはまずありえないといわれています。

ただ、ダイエットで極端な食事制限を行っている人や、高齢になってアラキドン酸の体内量が減少していく年代の方など、不足する場合もありますので、こうした場合、アラキドン酸サプリが効果的です。
アラキドン酸が不足してしまうと物忘れがひどくなり記憶力が低下、集中力がたもてず学習能力などへの影響が大きくなります。
体内でリノール酸からアラキドン酸を合成する能力も低くなってしまうため、このような状態の場合、アラキドン酸サプリを利用することが望まれます。

もし、過剰摂取となった場合に考えられる症状としては、アレルギー性湿疹や皮膚炎などの可能性、さらに前立腺がん、大腸がんなどへのリスクを高めるといわれています。
また、この成分は細胞膜に多く含まれているため、様々なところへの支障が考えられ、血栓を作りやすくしたり動脈硬化を促進してしまうなどの症状が現れるといわれています。

トップに戻る