メインイメージ

アラキドン酸とPGH2

アラキドン酸はアラキドン酸カスケードによって合成から様々な物質を作り出します。
アラキドン酸がリン脂質から遊離する際にシクロオキシゲナーゼ「COX」によりPGG2に変換され、さらにPGH2に変換します。
PGE2単体では生理的作用はありませんが、アラキドン酸カスケードを進行させるために欠かせない物質という事になります。

アラキドン酸カスケード内でPGH2が誕生することによって、そこからどのタイプのプロスタグランジンに変換されていくのかが決まるという事になります。
PGG2に変換される際にも、そこからPGH2に変換される際にも必要なのがシクロオキシゲナーゼです。
シクロオキシゲナーゼの関与した反応によって、PGG2、PGH2という2段階で、シクロオキシゲナーゼ反応、ヒドロペルオキシゲダーゼ反応と呼ばれています。

こうした変換を行いながら、様々なプロスタグランジンが生合成されていきます。
アラキドン酸を食品などから摂取することによって、こうした変換や生合成が行われ、様々な反応や働きを起こすのです。
アラキドン酸は脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸、つまり体内で合成できない脂肪酸です。
年齢によっては食品からの摂取で補えない場合もありますので、そういった場合は、サプリメントなどを利用し補っていくことが必要です。

トップに戻る