メインイメージ

アラキドン酸とPG

アラキドン酸から生合成されるエイコサノイド(アラキドン酸を骨格に持った化合物や誘導体などの総称)の一つ、生理活性物質であるプロスタグランジン「PG」は、トロンボキサンと合わせプロスタノイドと呼ばれています。
ホスホリパーゼによって細胞質内からアラキドン酸が遊離し、そこにシクロオキシゲナーゼが作用するとプロスタグランジンG2が合成、その後、プロスタグランジン、トロンボキサンなどが合成されます。

プロスタグランジンは痛みの元として知られている成分です。
皮膚などに傷ができるとリン脂質がアラキドン酸に変換され、シクロオキシゲナーゼの作用によってプロスタグランジンが産生され、この産生によって痛みや熱、炎症などを引き起こします。
そのため炎症や痛みを抑えるお薬などには、プロスタグランジン生合成を抑制する作用を持った成分が利用されています。

このPGには様々な種類があり、血圧低下作用を持つPGA、PGB、PGC、さらには、血小板凝集作用、睡眠誘発作用を持つPGD2、動脈管開存の働きを持つPGE1、平滑筋収縮作用、末梢血管拡張、発熱・痛覚伝達作用などを持つPGE2、血圧低下、血小板凝集作用のあるPGG、抗腫瘍作用のあるPGJなど様々な種類があります。
こうした様々なプロスタグランジンの産生に関わっているのがアラキドン酸です。

トップに戻る