メインイメージ

アラキドン酸とP450の関係

肝臓は私たちの体の中で解毒や代謝など非常に重要な働きをする臓器ですが、解毒を行う酵素として知られているのが、このP450です。
脂肪酸の代謝やステロイドホルモン生合成にも関与している重要な物質で細胞内の小胞体と呼ばれるところに多く存在しています。

また最近、高血圧に関してもP450の関与が報告されており、研究が進められています。
P450はアラキドン酸エポキシゲナーゼ活性を持っていますが、このアラキドン酸エポキシゲナーゼ活性から生成される水溶性エポキシドという物質が、強い血管作動性を持っているという事がわかったのです。

アラキドン酸は副腎ZG細胞のP450によってエイコサトリエノイックアシッド、ヒドロキシエイコサテトラエノイックアシッドなどに変換されます。
さらにエポキシドヒドロラーゼという物質の作用によってDHETsなどに加水分解されます。
高血圧の発生に関してそのメカニズムにどう作用しているのかは、今研究されており、解明という所まで至っていませんが、この変換の作業の過程で血圧の制御への作用を持っているのではないかといわれています。
アラキドン酸から産生される代謝物には、プロスタグランジン、またロイコトリエンなどの物質が知られていましたが、P450との関連性もある重要な物質であるという事です。


トップに戻る