メインイメージ

アラキドン酸は細胞膜に必要?

神経細胞伝達を促進するなど、脳内で重要な働きをするアラキドン酸は、記憶や集中力向上、さらに免疫機能調整機能と人が健康にしっかりと生きていくために必要な物質です。
ヒトの体というのは、細胞によって構成されています。
約60兆個もの細胞が私たちの体を作り上げています。
この細胞は細胞膜という膜によって作られ、その構成物質として重要な役割を果たしているのがアラキドン酸です。

アラキドン酸は細胞膜を作るリン脂質の構成に必要で、特に脳内のリン脂質に多く含まれていることがわかっています。
リン脂質というのは、リン酸エステルという部位を持っている脂質の総称ですが、生体内で情報の伝達を行うという働きも持っています。

何かの情報を得ると脳内でその情報の伝達が行われ、記憶されたり、必要なところに伝達されたりするのですが、この情報のやり取りには柔らかい細胞膜が必要です。
細胞膜を柔らかくしてくれるのが、アラキドン酸やドコサヘキサエン酸です。
アラキドン酸やドコサヘキサエン酸があることで脳は柔軟な状態を保ち、常に情報をスピーディに伝達する事が出来るのです。

つまり、細胞膜にとってこの成分は必要不可欠な成分という事がわかります。
年齢を重ねていくと体内のアラキドン酸の量が減少していきます。
そのため、栄養素の中にアラキドン酸含有の食材をうまく利用し、体内量を減少させないようにすることが大切です。

トップに戻る