メインイメージ

アラキドン酸サプリより食品摂取が望ましい場合は?

新生児の脳の発達に欠かせない成分であることがわかっているアラキドン酸は、大人にとっても必要不可欠な成分です。
細胞膜に存在するこの成分は、不足してしまうと記憶力の低下、免疫力の低下、学習能力の低下など生活に支障を与える症状を引き起こします。

通常、普通に食事していれば、不足することは考えにくい成分です。
でも、極端なダイエットを行っている人や、高齢になってアラキドン酸の体内量が少なくなっている状態では不足が考えられるため、サプリメントなどから摂取していくことが望ましいと考えられます。

サプリメントよりも食品類から摂取してほしい年代もあります。
子供時代です。
この時代は、アラキドン酸などの脳の発達や細胞新生の働きを強めてくれる成分も必要ですが、そのほかにもカルシウムやマグネシウム、鉄分などのそのほかの栄養素も必要な年代です。
食品からバランスよく体に必要な成分を補うということが不可欠なのです。

肉類を食べることによってアラキドン酸を摂取することができ、良質なたんぱく質は筋肉を作ります。
魚類を食べることによってもこの成分を摂取でき、ドコサヘキサエン酸やエイコタペンタエン酸などの有用な成分もともに摂取できるのです。
特にドコサヘキサエン酸はアラキドン酸とともに摂取することで、相乗効果を発揮し、脳細胞の新生を促進してくれます。
食品から摂取することで、子供の成長に必要なそのほかの栄養素もともに摂取することが望ましいのです。

トップに戻る