メインイメージ

アラキドン酸とインターロイキン

細胞膜の中のリン脂質という部分に結合されているアラキドン酸からは、様々な物質が産生されます。
その中にプロスタグランジンがあります。
ホスホリパーゼという酵素がアラキドン酸を細胞膜から切だし、そこにシクロオキシゲナーゼという酵素が働きかけを行う事で、プロスタグランジンという物質が産生されます。

プロスタグランジンは生体調整ホルモンであり、免疫機能調整効果がある事で知られ、そのため、アラキドン酸を摂取すると免疫機能を調整する働きが正常化するといわれているのですが、実は抗炎症作用を持っています。
マクロファージなどの細胞によってサイトカイン(細胞間情報伝達分子となる微量生理活性タンパク質)産生細胞によって分泌され抗炎症作用を発揮します。
この時に関係するサイトカインにインターロイキンがあります。
細胞間の伝達を行うコミュニケーション機能を持ち、ILと省略して呼ばれることもあります。

このインターロイキンは細胞間で情報伝達をしているのですが、この働きをアラキドン酸から作られるプロスタグランジンが情報伝達を抑制するため、抗炎症の働きが起こるのです。
つまり、インターロイキンを抑制することで炎症を他に広げる情報を伝達させないという働きです。
アラキドン酸が食べ物などから摂取されることで、こうした抗炎症の働きを持つ物質も作り出しているのです。

トップに戻る