メインイメージ

アラキドン酸サプリと他のサプリの違い

乳幼児は母乳やアラキドン酸配合の粉ミルクなどからこの成分を摂取をすることが必須、高齢者は、体内のアラキドン酸量が減少する事がわかっているのだから、食品やサプリから補うように考える必要がある、でも大人は通常の食事をしていれば足りなくなることはないので、あまり考える必要もない、と言われています。
でも大人でもアラキドン酸が不足していると考えられる食生活の方が結構いるものです。
脂質の摂取が多い、肉類の摂取が多いという現代の食生活の中で、肉類や魚介、レバーや卵などに含まれているアラキドン酸が極端に不足するという事は確かに考えにくいです。
でも現在、健康志向の方の中には野菜以外食べないとか、ダイエット中で肉類魚介を食べないという方も多くなっています。
この場合、アラキドン酸をしっかり摂取するという食生活にしていかないと、体内量が不足し物忘れが激しくなったり、集中力が低下し学業や仕事に影響してしまう事も考えられます。

タンパク質、炭水化物、脂質、その他ミネラルや鉄分、カルシウム、食物繊維などがバランスよく取れている食生活かどうか、しっかり確認する事が必要です。
現在はアラキドン酸が不足しても、サプリで取り込むことができます。
でも、人は食べることから必要な栄養素を摂取した方がいいのです。
食生活を見直し、食事で補えない分をサプリから摂取していくことを考えましょう。

トップに戻る