メインイメージ

アラキドン酸とDHAの相乗効果

ここ最近、メディアでも注目されている不飽和脂肪酸の仲間には、DHA「ドコサヘキサエン酸」、EPA「エイコタペンタエン酸」、さらに大注目のアラキドン酸があります。
アラキドン酸はω-6系、DHA、EPAはω-3系に属しています。
不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸であるω-3、ω-6は体内で合成されない脂肪酸なので、食品類から摂取する必要があります。

アラキドン酸とDHA、EPAは全身に存在していますが、アラキドン酸とDHAは、特に、脳に多く存在していることがわかっています。
そのため、アラキドン酸とDHAを共に摂取することで脳への相乗効果が期待されるのです。

脳の中でも学習や記憶をつかさどっている「海馬」という部分に多く存在し、神経細胞の情報伝達、さらにはネットワークを形成するために欠かせない成分といわれています。
乳児はアラキドン酸やDHAを体内で合成する力がないため、最近では粉ミルクなどに配合されるようになっています。
(母乳にはこれらの成分が豊富です)
日本では少子高齢化が進んでいます。
これからさらに超高齢化社会に突入していくといわれている日本において、健康に老いるということが重要となってきます。
肉類に含まれるアラキドン酸と、魚類に多く含まれるDHAをしっかり摂取し、記憶力等低下することなく年齢を重ねていきたいという方に、これらの成分はお勧めの成分です。

トップに戻る