メインイメージ

アラキドン酸とDHAの含まれるミルク

脳の精神発達において、アラキドン酸とDHAは欠かせません。
私達高等動物と呼ばれる人間の脳は、高度な機能を持っています。
神経細胞が主軸となって脳が活発に働いています。
脳内で電気信号を発し、情報のやり取りを行う特殊な細胞である神経細胞には複雑な樹状突起があり、そこから神経細胞とつながる事で、神経回路を構成しているのです。
アラキドン酸、そしてDHAなどの脂肪酸は神経新生に欠かせない脂肪酸です。

神経細胞が爆発的な成長を遂げるのが胎児・乳児の時代です。
爆発的な神経新生のために不可欠なアラキドン酸やDHAは、お腹の中にいる時には母親から受け取り、誕生してからは母乳から摂取していきます。
ただ母乳育児が出来ないお母さんもいます。
母乳育児が出来ないお母さんたちに変わり、乳児にこれら成長に不可欠な脂肪酸を摂取させるために、アラキドン酸やDHA配合の粉ミルクが販売されています。

アメリカでは米国食品医薬品局「FDA」が乳児に対しての安全性を認めこれら脂肪酸の配合されたミルクが主力となっていますし、現在日本を含む世界60か国以上でこれら脂肪酸配合のミルクが推奨され、有用性が確かなものとされています。
アメリカでの研究では、アラキドン酸、DHA配合のミルクを与えた乳幼児は、これらの脂肪酸無添加のミルクを飲んだ乳幼児よりも精神発達が認められたというデータが発表されています。
乳幼児の健康な脳の発達に欠かせない成分という事が実証されているのです。

トップに戻る