メインイメージ

アラキドン酸サプリにDHAとEPAが含まれる理由は?

アラキドン酸サプリにはDHA「ドコサヘキサエン酸」と、EPA「エイコタペンタエン酸」が共に配合されていることが多くなっています。
なぜDHAとEPAの配合が多くなっているのでしょうか。

アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸の中でもω-6系の脂肪酸です。
DHA、EPAは同じく多価不飽和脂肪酸ですが、ω-3系です。
共に必須脂肪酸で体内で合成されない脂肪酸なので、食品等から摂取していく必要があるのです。

アラキドン酸やDHA、EPAは、脳、肝臓、また血液内に多く存在し、特にアラキドン酸とDHAに関しては脳のリン脂質という部分に非常に多く含まれており、EPAは血液に多く含まれるという特徴があるため、これらの多価不飽和脂肪酸を同時に摂取することで、脳の働きを強くサポートしてくれるのです。
アラキドン酸とDHAについては、脳のリン脂質に多いという事がわかっていますが、記憶や学習能力をつかさどっている海馬という部分に多く存在しています。
海馬の機能を支え、神経細胞のネットワークを形成し、電気信号を容易に受け取る事が出来るように細胞膜の柔軟性をよくするなど、有用な働きをしています。

EPAは、血液内に多く存在し、血液の流れをよくするという効果が顕著なので、これらの成分をサプリメントなどから同時に摂取することで、脳の働きに高い相乗効果があると考えられるのです。
そのため、サプリメントにはこれらの成分が共に配合されていることが多いのです。

トップに戻る