メインイメージ

アラキドン酸サプリは一日に何錠服用?

乳幼児、高齢者にとって、特に欠かせない成分であり、大人もこの成分が不足すると物忘れがひどくなったり、集中力を保てないなどの症状が出てくるといわれているアラキドン酸は、脳細胞にとって不可欠な成分です。
情報伝達をスムーズにすることは、脳の情報処理濃度を高めることにつながります。

また乳幼児はアラキドン酸を母乳やミルク以外で摂取する事が出来ませんし、高齢者の場合、加齢によってアラキドン酸の体内量が減少するため、不足しないようにしっかり補っていくことが必要です。
コレステロール減少効果や免疫力向上効果などもありますので、年齢を問わず「不足させない」ということがとても重要な成分です。

この成分を体内に摂取するためには、体内で合成する事が出来ない必須脂肪酸となりますので、アラキドン酸そのものを含んだ食品類を摂取するほか、アラキドン酸の元になるリノール酸を摂取する事が必要になります。
1日に必要な量はだいたい、100mgから200mgといわれていますので、この量が食品から摂取できているかどうかを考え、足りないと思われる場合、サプリメントなどから補う必要が出てきます。

何錠服用すればいいか、という事ですが、販売しているメーカーさんによって、アラキドン酸含有量に違いがあります。
またこの成分と共に相乗効果が来た出来るDHA、EPAなどが配合されていることもありますので、商品の1日の目安量を確認してそれに合わせて、食品から補えていない分の量を自分なりに調整してみるといいでしょう。


トップに戻る