メインイメージ

アラキドン酸サプリは子供に使わない方がいい?

産まれてからしばらく、赤ちゃんの栄養は母乳によって賄われています。
母乳にはたくさんの栄養素が含まれていますが、中でも現在注目されているのが、アラキドン酸です。
赤ちゃんの脳の発達には、ドコサヘキサエン酸が欠かせないといわれてきましたが、これに加えて、アラキドン酸も脳の発達に欠かせない成分であるということがわかってきたのです。
母乳育児ができない場合には、アラキドン酸やドコサヘキサエン酸が配合されている人工乳があります。

乳幼児はこうした母乳やミルクからこの成分を摂取しますが、ミルクから少しずつ離乳が進み、大人と同じようなものを食べるようになってからも、アラキドン酸の摂取を意識していくべきです。
脳は3歳までに爆発的な成長を遂げます。
その際の脳細胞新生に、アラキドン酸が欠かせないのです。
この時代にはフォローアップミルクなどにこの成分が含まれているものがありますので、こうした商品を利用していくといいでしょう。

では、3歳児以降はどうなのか?というと、食品からこの成分を摂取し、体内にしっかり級数出来るようになっていきます。
ただ、食が細い子やムラ食いの子、好き嫌いが多く肉類や魚類などが嫌いというお子さんも多いので、保護者の方から見てこの成分の摂取ができていないのでは?と思う場合、アラキドン酸サプリを利用するといいでしょう。
ただ、過剰摂取すると、アレルギーなどの症状が出てくる、重くしてしまうなどの症状が現れることもあるので、足りないと思うとき場合に利用するようにし、食事からしっかり得られている場合は、サプリを利用しなくてもいいでしょう。


トップに戻る