メインイメージ

アラキドン酸とβ-カロテンの相性

アラキドン酸が体内で様々な働きをするために、その力となる成分があります。
ビタミンEも強力な味方となる成分ですが、β-カロテンもバックアップ成分といっていいでしょう。

β-カロテンは、カロテノイドの一種です。
天然に存在する色素であり、脂肪と共に摂取するとより効率よく働く成分です。
β-カロテンは細胞膜の損傷を防ぐという働きも持っていて、脂肪組織に蓄えられて肝臓、小腸の粘膜の中で、必要なときに2分子に分かれビタミンAになるという性質を持っています。
こうした性質を持っているため、プロビタミンAといわれることもあります。
カロテノイド類のほとんどが持っている抗酸化作用はβ-カロテン以外に、ルテイン、アスタキサンチンなどがβ-カロテンと共に非常に強力な抗酸化作用を持っています。

アラキドン酸はω-6系の不飽和脂肪酸です。
肉類などに多く含まれていますが、やはり脂肪というだけあり、体内で酸化しやすい特性があります。
β-カロテン類と共に摂取すると強力な抗酸化力で酸化を防ぎ、アラキドン酸の持っている健康への働きをバックアップしてくれるのです。

β-カロテンが多く含まれる食品としてはかぼちゃ、人参、小松菜、ホウレンソウなどの緑黄色野菜、フルーツではマンゴーにも豊富に含まれています。
肉類を摂取する時などに共に摂取したい食材です。

トップに戻る