メインイメージ

アラキドン酸とアナンダマイド

アラキドン酸に由来するエイコサノイドの一種となるアナンダマイドは、アラキドノイルエタノールアミドとも呼ばれています。
動物の体の中に存在し、特に脳に多い物質です。
中枢神経でも末梢でも多様な機能を発揮しています。

お肉を食べておいしい!と幸せな気持ちになる事がありますが、この幸せな気持ちこそ、アナンダマイドによるものといわれています。
こうした幸せな気持ちの際に脳内に出る物質、アナンダマイドを「至福物質」と呼んでいます。
幸福感や高揚を感じるこの至福物質はお肉などに含まれているアラキドン酸を摂取するからこそ得られる成分です。

幸福感のほかにも、心をリラックスさせたり記憶力を向上させる等の効果があり、ストレスを感じることの多い現代人には効果的に利用してほしい成分です。
肉類というと、健康に悪いとかあまり食べてはいけないなんて言いますが、食べ過ぎなければ栄養価的に見ても、こうした物質を産生してくれることにしても、健康のために有用に働いてくれる食品でもあるんです。

アラキドン酸は、こうした様々な物質を産生させる材料ともなります。
肉類でも特にレバーなどに多く含まれています。
記憶力向上の働きは高齢の方にとっても、痴呆防止などに結びつくものなので、肉類もしっかり食べるようにしましょう。

トップに戻る