メインイメージ

加齢による物忘れにアラキドン酸

加齢とともに脳の機能が低下するのは脳の中のシナプス伝達と呼ばれる情報のやり取りが衰えていくからです。

そこでおすすめなのがアラキドン酸です。
こんな経験はないですか?テレビで見た芸能人の名前がどうしても思い出せない、席を立って何かをしようとしたのに何をするか忘れた、など、多少の物忘れは笑って済みますがあまりにも頻繁だと日常生活に支障をきたします。

皆さんは大丈夫でしょうか?歳をとるにつれ物忘れが増えるのは仕方の無いことかもしれませんが、甘んじているといざという時に自分が困ります。
いつまでも聡明であるため脳を活性化することはとても大切なことです。
アラキドン酸というと赤ちゃんに必要な栄養としてよく知られていますが、脳を活性化させるので、赤ちゃんだけに限らず、成長期のお子さんにも、物忘れが多くなってきたお年寄りにも、とても大切な栄養なのです。

アラキドン酸は脳の神経細胞の原料となり老化による脳の機能の衰えを改善してくれる働きがあります。
さらに、アラキドン酸の作用で脳の神経細胞膜を柔らかくし、情報の伝達がされやすくなるのでお年寄りの物忘れに効果が見られます。

肉やレバー、卵に多く含まれているので基本的には日常的な食事から摂取することが可能です。
しかし、肉や卵にはエネルギーが多いので摂りすぎると却って身体の毒になる事も懸念されます。
アラキドン酸を効率的に摂りたい方はサプリメントがおすすめです。

トップに戻る