メインイメージ

胎児、赤ちゃんにも与えたいアラキドン酸

アラキドン酸は不飽和脂肪酸の一つで脳の発達に欠かすことができない栄養です。
アラキドン酸を摂取すると脳の活性化 学習力や記憶力の向上の効果が期待できます。
脳は1歳までに大人の70%まで成長をするといわれています。

アラキドン酸は赤ちゃんが生まれてからだけでなく、お腹の中にいるころから必要なので、妊娠中からお母さんは積極的に意識すると良いでしょう。
お腹の赤ちゃんはお母さんからの栄養が頼りです。
アラキドン酸が多く含む食材は肉、魚、卵等がありますが、妊娠中はつわりで食欲がないというお母さんもいることでしょう。
その場合はサプリメントで摂取がお勧めです。

サプリメントは健康食品なので妊婦が飲んでも問題ありませんが心配な場合は医師やメーカーに問い合わせると安心です。
出産後は粉ミルクや母乳が赤ちゃんの栄養源です。
粉ミルクを選ぶときはアラキドン酸入りのものを選びましょう。
では母乳で育っている赤ちゃんはどうやってアラキドン酸を摂取すればよいでしょうか。

母乳には豊富なアラキドン酸が含まれていますので、しっかり母乳を与えていれば心配ありません。
母乳に含まれるアラキドン酸は一定に保たれており、お母さんがアラキドン酸を食事で摂取したからといってアラキドン酸の量が変わるということはないそうです。
しかし、良質な母乳を赤ちゃんに与えるために、栄養バランスの取れた食事を心がけてください。

赤ちゃんから高齢の方まで必要な栄養素「アラキドン酸」積極的に摂取して脳を活性化させましょう。

トップに戻る