メインイメージ

アラキドン酸による体内機能への作用とは

脳細胞の発達や身体の発育にとって不可欠と言われているアラキドン酸ですが、身体の各機能のへの作用が認められています。
まだ食事が取れない乳幼児のアラキドン酸の摂取は、母乳やDHAやアラキドン酸を加えたミルクによって補われています。

もちろん乳幼児の成長だけではなく、成人した大人にとっても有効な効果を与えてくれます。
体内には多くの神経細胞が張り巡らされており、脳内も例外ではありません。
神経細胞の伝達の早さが身体機能の向上であったり、脳内の記憶媒体の活性化に繋がっています。

ですが、体内のアラキドン酸は年齢を重ねるごとに減少するため、学習力や記憶力が鈍ってしまう傾向にあります。
脳が活性化されていない状態だと、気力や意欲も低下してしまいます。

また、アラキドン酸には生体機能のバランスをとる役目も持っています。
このバランス機能によって、免疫力の向上に繋がってきます。
このようにアラキドン酸が足りなくなると身体に変調を与える場合がありますが、日常の食事の意識やサプリメントで摂ることでアラキドン酸が持つ特有の効果を得ることができます。
食事であれば動物性植物に多く含まれているので、食べ物の好き嫌いが過多な方やアレルギーをお持ちの方、そして過度なダイエット中でない限り、そんなに不足を感じることはありません。

サプリメントで摂る場合にも、鶏卵やレバー類・サバやブリなどにアレルギーをお持ちの方は、これらの成分でアレルギー症状が出てしまう可能性があるので。
十分に注意しましょう。

トップに戻る