メインイメージ

缶詰の青魚でアラキドン酸を上手に摂取しましょう

アラキドン酸は卵や肉、魚などに含まれています。

アラキドン酸を摂取するのであれば、一番おすすめの食材があります。
それは魚です。
魚にはアラキドン酸以外にも、飽和脂肪酸でもあるドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸を含んでいます。
ドコサヘキサエン酸には、脳を活性化する働きがあり、記憶力の向上や集中力が増す効果があるので、認知症の予防にもなります。
またエイコサペンタエン酸は、動脈効果を防ぐ効果があります。
アラキドン酸は肉類にも含まれていますが、肉類をたくさん食べてしまうと、血液中の脂質のコレステロール値が上昇し、血液がドロドロの状態になってしまいます。

また肉類中心の食事をしていると、血液中の中性脂肪も増えすぎてしまいます。
そのため、白血球が粘着化し、血小板が固まりやすくなるため、さらにドロドロの血液になってしまいます。
青魚には、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。
青魚に含まれるエイコサペンタエン酸が血小板が固まるのを抑え、血管の中が詰まらないように、赤血球の膜をやわらかくさせてくれる働きがあります。
そのため、赤血球が柔らかく形を変えて、血管内を流れて行くため、血栓を予防し、サラサラの血液にしてくれます。

青魚に含まれるドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸は体内で合成されませんので、普段の食事で青魚を食べるとよいでしょう。
ただ青魚は、調理するのが面倒だったり、小骨がたくさんあるため、食べるのが苦手だと言う方も多いのではないでしょうか。
そこでお勧めなのが、青魚の缶詰です。
青魚の缶詰で代表的なものは、イワシやサバの缶詰ではないでしょうか。

缶詰に加工されているため、身も骨も箸で崩すことが出来るほど柔らかく、味付けのバリエーションもあるので、普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。
また缶詰加工をすることによって生の魚よりもアラキドン酸が多く摂れます。
毎日、魚料理を作ることは大変な手間と労力がかかりますが、缶詰なら毎日続けることが出来るので、青魚の缶詰を食事に取り入れてみましょう。

トップに戻る