メインイメージ

アラキドン酸はどんな人に向いている?

アラキドン酸は人に必要な脂肪酸のひとつです。

不足すると神経細胞にある膜が硬くなって記憶力が低下したり脳内の細胞が衰えて頭の働きが鈍くなったりします。
しかし、アラキドン酸には他にも様々な効果があります。
アラキドン酸はどのような人に必要なのでしょうか?まずは、乳幼児です。
生まれてから数年間は脳の細胞が一気に増えて、脳の発達を促します。
アラキドン酸を積極的に摂れば、それだけ促進されて考察力の鋭い子になったり頭の回転の速い子になったりします。
高齢者にもおすすめです。
加齢によってアラキドン酸は減っていきます。

すると物忘れが激しくなったり認知症になったりします。
風邪やインフルエンザなどウイルスに感染しやすい人にもおすすめです。
アラキドン酸は生体を調整するホルモンの材料となり、免疫力を高めてくれます。
これは高血圧気味の人にも同様です。
生体を調整するホルモンにより適切な血圧になるよう整えてくれます。
他には、最近やる気が出ない、イライラして落ち着かないという人にも向いています。
メンタルは脳と深く関わりがあり、神経伝達物質が活発なほどいつも前向きな気持ちでいられる、と言われています。

また、神経伝達ということで、過剰に興奮している時にはそれを抑える働きもあります。
バランスを整えるように精神活動をコントロールする効果があるため、精神が安定したり集中力がついたりすることもあります。
うつ病や統合失調症にも有効で、薬だけではなかなか改善しない疾患も、アラキドン酸を同時に摂取することで症状が改善されることがあります。

トップに戻る