メインイメージ

子どもの頭を良くしたいならアラキドン酸

頭のいい子に育てたい、良い大学に行ってほしいと願っている親御さんは多いでしょう。
子どもの頭を良くしたいと思ったら、アラキドン酸を摂ることがおすすめです。
アラキドン酸とは必須脂肪酸のひとつになります。

DHAやEPAも仲間で、身体を作るエネルギーや細胞膜、血液やホルモンなどの材料となります。
脂肪と聞くと、「太るかもしれない」と敬遠する人も多いですが、身体にとって無くてはならない成分で、むしろ積極的に摂った方がいいものです。
アラキドン酸は、脳の神経細胞に関わる膜も作っています。
そのため、脳の働きも活発にします。

そもそも脳は水分と脂質で構成されているため、質の良い脂を摂ることは脳の活性化のために欠かせません。
子どもが摂取した場合、脳はまだ不完全な状態なので、発達を促すことにつながります。
2000年にアメリカで発表された研究結果では、アラキドン酸入りの粉ミルクを飲んだ赤ちゃんは、入れていない粉ミルクを飲んだ赤ちゃんに比べて記憶力や言語能力、問題解決能力が上だった、と分かっています。
人の脳はたくさんの神経細胞を持っていて、考察したり記憶したりする際に、その細胞の数と情報伝達の速さにより優れているかどうかが決まります。

その力を支えているのは細胞膜であり、それを作るためにアラキドン酸が必要になります。
アラキドン酸は加齢によって減っていきます。
少しでも子どもの頭を良くしたいと思ったら、積極的にアラキドン酸を摂ると良いでしょう。

トップに戻る